宮古木工芸の歴史

  • TOP
  • 宮古木工芸の歴史

ご挨拶

親から子へ、子から孫へ
世界でたった一つの木目と共に
受け継がれてゆく想いをかたちに

宮古木工芸は、三線を中心に無垢材1枚板テーブル、木工家具や表札まで製造・販売をする1961年創業の老舗木工所です。
創始者は、家具職人でもある與儀栄功(よぎえいこう)。
現在は2代目で孫の與儀昌樹(よぎまさき)と2人が中心となり、すべてを手作りしています。
原木の切り出しから塗装仕上げまでを一貫して製作しているのは、沖縄県内でも珍しい。
ご注文に応じて『三線』から『木工家具』まで、様々な木工製品のご注文を承ります。
昔ながらの伝統を重んじ、三線製作では『美しい形』や『心地よい音色』にこだわり、家具作りでは『丈夫さ』と『仕上がりの質』にこだわりを持ち、『昨日より今日、今日より明日へ』と質の高い製品作りに取り組み続けております。
『より良いモノを安く』を経営理念とし、弊社独自の技術と発想で現代の人に合わせた新しい製品作りや、新型三線製作にも日々挑戦していきます。

職人紹介

職人紹介
平成10年 琉球民謡伝統協会 師範免許取得
平成11年 宮古民謡協会 師範免許取得
平成14年 離島フェア『島おこし奨励賞』受賞
平成16年 琉球民謡伝統協会 副会長就任
平成22年 国土緑化推進機構 三味線製作部門『森の名手・名人』に認定
平成17年 琉球民謡伝統協会 教師免許取得
平成20年 琉球民謡伝統協会 グランプリ受賞
平成23年 琉球民謡伝統協会 ダイヤモンドブランプリ大賞受賞
平成24年 琉球民謡伝統協会 師範免許取得
平成26年 宮古民謡協会 教師免許取得